2008年07月28日

正しく生きる

去年の夏に帰国した時に弟の部屋で『Rookies』という漫画が転がっていたのでパラパラと見ていたら結構面白くて結局全巻一気に読んでその後も帰国まで読み直したりしていた。その漫画がTVドラマになっていたらしくしかも高視聴率を得ていたという記事を読んだ。確かに面白かった。私は「不良が更生していく」っぽいストーリーは決して嫌いではない。むしろはまりやすいかもしれない。私が高校生の頃「スクールウォーズ」と「積み木くずし」が再放送されていたので夕方よく見ていたものだ。もっとその前の世代の学園ものにも必ず不良がいてそいつが先生に反抗するけど最後は夕日に向かって涙、みたいなのが多かったと思う。

でも最近はドラマの世界だけでなく本物の不良、元不良が普通にTVTVなどに出演するケースが増えているようだ。元ヤンキーの先生だとかそんな感じで。で、そういうのがウケている。まあ構わないと思うし、むしろそういう人だからこそ分かってあげられる人の痛みもあるだろう。しかし同時に強い違和感も覚えるのは何故かというと世の中全体がそういうことをカッコいいと受け取る、もしくは脚色する傾向があるように感じるからだ。悪かった奴が更生するのは凄いことだと思うが人として正しく生きるのは当たり前のことであってそれを元不良ということで必要以上に美化するようなことはいけない。ましてや彼らの荒んだ過去をおもしろおかしくTVで演出するのは間違っていると思う。


続きを読む
posted by YBA at 14:00| バンクーバー ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月23日

スーパーガール


今夜もまたまたマリナースは負けましたな。レッドソックスは強いわ、やっぱ。
ところでたまにはこんなものを。こりゃ凄いよ。



posted by YBA at 14:10| バンクーバー ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月21日

日本よ...

なんだかんだと7月ももう終わりそうな勢いだ。毎度毎度のことだが月日の流れるのは早い。そして8月になると終戦記念日がある。私は毎年この日は意識しているわけではないがやはり色々な思いに駆られる。いまだ世界の多くの場所で戦争が行われていて多くの人が死んでいるが我が国日本はあの日以来戦争をしておらず高度経済成長期を経て平和で豊かな国になった。皆が自由な格好をして好きな歌を聴き好きなところへ旅行に出掛ける。間違いなく豊かで平和だと思う。しかし一方でここのところ頻繁に耳にするのは日本の若者による凶悪事件。一体どうなっているのだろうか?何がいけないのだろうか?若者が自殺をしたり誰かを殺したりしたという事件を聞くたびに本当に胸が痛くなる。そして第二次世界大戦で命を落とした人たち、特攻で亡くなった人たちがこの状況を見たとき果たしてどう思うだろうか、などということも考える。平和過ぎておかしくなってしまったのだろうか。でもそれは平和ではいけないということか?そんなバカな...。
posted by YBA at 13:28| バンクーバー ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月15日

時代は変わる

いやあ時代は変わるものということは分かっているが変わったねえ。
12歳になった長男がどうしてもFaceBook(ひらめき)をやりたいからパソコンを使わせてくれと言う。聞けばたくさんの友達がそれを使っているとのことだがせいぜい10人くらいの話しをしているのだろうと思い渋々承知。そして彼がパソコンを操作する様子を後ろで見ていたがその早さと知識に唖然がく〜(落胆した顔)なんでそんなこと知ってんよ、あんた!って感じ。そして驚いたことに画面にはたくさんの聞き慣れた彼の友達が...。つまり本当に多くの友達がFaceBookをやっている=日常的にコンピューターをいじっている、ということ。しまいにゃ女の子の友達とチャットかなんか始めちゃって驚かせて頂きました。夏休みだからこういう形で友達と連絡を取るのも悪くないのかな?
まだ12歳、と思っていたが私の間違いだったようだ。

そしてそれを見ていた次男(10歳)と三男(6歳)も「僕もやる」とか言い出す始末。さすがに彼らには早すぎると思うけどまあ時間の問題だろうな。これまで基本的にはパソコンに触れさせなかったが方針を変えなくてはいけなさそうだ。

ひらめきFaceBook:オンラインコミュニティサイト。日本のMixiみたいなもの(?)。

posted by YBA at 22:53| バンクーバー ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月14日

MBA効果? その2

MBAによって自分の仕事が高評価を得るわけではない、と書いたがそれではMBAとはあまり意味のないものなのだろうか?ある時期MBAなんかよりもコンピューターのプログラミングとかaccountingの資格を取る方が遥かに良いと思っていたことがある。実は今でもそう思うことが多いが考えてもみれば今の生活はUVicでMBAをやったお陰であることは間違いない。Co-opで今の会社に引き合わせてもらってそこで3ヶ月働いた実績を評価してもらって卒業前に仕事を決めることができたわけだ。だからやって正解だったと思う部分もある。
つまりは学校での勉強だけでなくプログラムそのものを活用することが非常に大事、ということだろう。
posted by YBA at 00:54| バンクーバー ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月10日

嬉しい数字

7月からの新しい給料が決められた。先日の評価で良い成績をもらっていたので給料が上がることも期待していたが今日もらった手紙にはまずまずの金額が書かれていて素直に嬉しかった。数ヶ月以内にまた上がる可能性もあるので頑張らなくちゃ。良い意味で刺激になった一方で上司からは私が部内で一番高額なanalystになったことを告げられた。その裏には彼(彼ら)の期待値が更に上がることという意味が含まれているわけでこれからも常に期待以上のことをやり続けていかなくてはいけない。なんとなくタラタラと前進していたのがちょっと加速した感じがする。あとはひたすら進み続けてしかもそのペースを強めていかなくてはいけない。一旦スピードを落としたらそのまま止まってしまうような気がして怖い。

ここでまた考えてみる ー MBAをやって良かったか?
答えは明日以降...。
posted by YBA at 13:58| バンクーバー ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月09日

さてと...

長男のオールスターチーム野球がトーナメントで惨敗し今年の野球シーズンが終了。まあ色々と良い経験をしたと思うが私としてはコーチ陣にもっと厳しくやってもらいたかった。強いチームはやはりそれなりに厳しい指導が行き届いている。これは当然の結果だろう。majorリーグなんだからいつまでも褒めるだけの指導では伸びない。
私は来年三男のmini minorリーグか次男のminorリーグのどちらかのコーチをしようと思っているがminorで基本を星一徹ばりにみっちり叩き込んでみたいパンチと考えている。長男は年齢の関係もある為別のリーグでプレイすることを考えている。

それにしてもまあ忙しい3ヶ月だったがやっと一息いい気分(温泉)、といったところだ。丁度いいタイミングでサイドビジネスのwebsiteが最終仕上げ段階に入っているのでこれから7月末まではひたすらテストを繰り返してバグ退治だ。そしてボチボチと広告を打ち始めなくてはいけない。念願の立ち上げ予定日を8月11日としている(その前に休暇を取ってシアトルへ野球観戦わーい(嬉しい顔)野球)。


DSC04319.JPG
posted by YBA at 14:38| バンクーバー ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月03日

キュウリ=私

ここのところの晴天晴れで野菜達が急激に成長中右斜め上なわけだが今年は特にキュウリに頑張ってもらいたいと思っている。一昨年もキュウリを植えてみたが全く伸びないであっという間にダメになってしまった。実は今年もつい数週間前まで成長の兆しが見えなかったのだがこれまでの遅れを取り返すかのごとく猛烈なスピードで葉が増えて背も伸びて来ている。嬉しくて仕方ない。毎朝、毎晩と成長を見るのが楽しみ。「暫くの間低迷していたけどここのところ上昇中」って俺じゃん!キュウリの成長と自分の現状を重ねてみたりもしている。これで花が咲いて立派な実がなるかな。それとも伸びて来たと思わせておいて一気に枯れたりして...。あとは実がならなかったりとか...。そうなったらイヤだなあがく〜(落胆した顔)頑張れよ、キュウリ達!君たちの成長は私の成長だ!


これは植えてから一週間くらい経った時の写真。左奥に見えるのがキュウリ。その手前と右側はトマト。トマトはグングン伸びているので心配していない。クラスにひとりはいる優等生、ってとこだろうか。右端の列にはマメを植えたがこれもまた順調に成長中。

DSC04140.JPG
posted by YBA at 14:27| バンクーバー ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月27日

パパのReport card

子供達の学校が今日で終わり。子供達のReport card(成績表)はそれぞれまずまずで親としても安心で彼らも喜んでいる。こういう形で一年を終えることが出来るのはいいことだ。
そしてパパもReport card、ならぬPerformance reviewを受けたが思った以上にかなり良い評価をもらうことが出来た。「昇級準備OKひらめき」のところに印がしてあるのを見た時は思わず頬が緩んだ気がする。まあ2月あたりから非常に忙しく精神的にも辛い時期が続いたがジッと耐えながら頑張った結果だと思う。必要以上にアピールしなくても見ていてくれる人は必ずいる、ということも証明された。欧米人は概して忍耐力がなく、日本でも最近の若者は耐えることを知らないといつも思うのだがやはり辛い時に耐えることが出来るかどうかふらふら、というのは世の中を渡って行く上で非常に大事な力だと確信している。
さて、これから先どうやって自分のキャリアを展開して行くか、改めてきちんと考えたいいい気分(温泉)
posted by YBA at 14:27| バンクーバー ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月26日

おしゃべり好きなくせして...

日頃から思っていることだがとにかくこちらの人間はべらべらとどうでもいいことをよく喋る。1言えばいいところを10も20も話しを付け加えるので長くなってかったるい。
そんなおしゃべり好きの彼らだが意外なことにその多くが人前でのスピーチは苦手だと公言する。会社で各部門から何人か集まってのプロジェクトがあり我々のチームがプレゼンテーションをすることになったのだがmeetingでは誰よりも話している女性達がプレゼンテーションとなると途端に全身全霊の拒否。ポーズではなくて本当に苦手なようだ。
まあ目の前に何人もの人がいてその中には知らない人もいたりすれば確かに意味で緊張するわけだがそれをおしゃべりな人間が言っているとなんとなくおかしい。でも彼ら、彼女らの偉いところはToast masters(という人前で話すことのワークショップ)などに積極的に参加して苦手意識を克服しようとしているということ。感心する。

posted by YBA at 14:24| バンクーバー ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月17日

仕事の蓄積率

2月から続いていたアメリカ関連業務ひとり体制がもうすぐ終わるわーい(嬉しい顔)。今月末までにすべてをアメリカの親会社に移管することになっている。はっきり言って引き継ぎどころではなかったので今時点で必要なものの5%も移せていない。しかしこちら側のBossからは7月からカナダのことをやるように強く言われているので強制終了に近い形になること必至。で、それでもきっと問題なく廻って行くだろう。
こう考えると「仕事の蓄積」がいかに難しいかあせあせ(飛び散る汗)ということが分かる。これまで色々なことをして来て月次の分析資料なども自分なりに良いものを蓄積して来たが今回の引き継ぎでは物理的な距離の問題もあり殆どが移されないまま終わるだろう。そして向こうは向こうで新たに独自の「蓄積」を始めるわけだ。これはこれまで仕事をして来た者としては寂しいものもあるが考えてみれば私自身前任者から引き継いだものは自分の判断で止めてしまったり大幅に変更して原型が残っているものは殆どない。またExcelを多用する仕事だがそのExcel能力も自分と後任者が必ずしも同レベルではないことも引き継ぎを困難にしている原因のひとつでもある。
以前の会社での経験も含めて私が思うのは仕事というのは恐らく40~50%程度しか受け継がれないもうやだ〜(悲しい顔)、ということ。残りの50~60%は後任者がゼロに近いところから始めるわけでそこにはどうにもならない「無駄」が存在する。そしてその無駄の原因は今書いた「コンピューター能力の違い」や以前書いた「センスの違い」「モノの考えるプロセスの違い」などによるものだろう。managementはこういうことをしっかりと理解する必要がある。
「どんなに時間をかけても100%を引き継ぐ」ということは不可能だ。
posted by YBA at 13:39| バンクーバー ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月16日

歌と想ひ出

こちらにきて日本の流行はさっぱり分からなくなっているわけだが芸能界、特に音楽についてはもうどうにもならない。昨日日本のテレビ(ひらめき注)でなんとミュージックステーションがやっていたので食い入るようにして見ていたが出演者で知っているのはタモリだけというとんでもない状態に妻と二人で唖然としたがく〜(落胆した顔)がく〜(落胆した顔)。本当に誰も知らない。そして申し訳ないが上位ランキングされている歌を聞いても理解出来ないし良いとも思えない。もうダメだな、俺たち。おっさんとおばはん、か。
ところで番組の中で誰かが「あなたに会えてよかった」を歌っていたがご存知の通りこれはキョンキョンのオリジナル曲のカバー。でも随分雰囲気が違うぞ。別にキョンキョンは好きでもなんでもなかったがあの曲を聞くと思い出すことがあるんだよなあ。職場の仲間でカラオケに行くと必ず聴いた歌。楽しかったなあ、あの頃...。昔の歌には思い出が詰まっている。だからいつまでも昔の歌を聞くのかな音楽。実際にR35とかいう昔の歌のCDが人気だと聞いたこともあるし徳永英明のVocalというCDも売れているらしいね。それは手に入れて毎日のように聴いて古くは小学校3年生から90年代半ばまでのタイムトリップを楽しんでいる。

ひらめき(ケーブルテレビでTV Japanという番組が見られます(勿論有料...)。Victoriaでは見られなかったのですが遂にケーブル会社が配信を決めて我が家でも数日前から見始めました。Vancouverで見ていた時はほとんどがNHKの番組でしたが上述の通りミュージックステーションなんかもやるようになったと知ってちょっとびっくり)
posted by YBA at 07:29| バンクーバー ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月13日

野球から学べ

野球のシーズンが終わろうとしている。と言ってもこれからリーグ別のトーナメントが始まるので7月中旬くらいまでは忙しいが...。
とりあえずリーグ内の試合は今週で終わり。今夜は長男が最終回で抑えとしてピッチャー登板。4点差があったものの味方のエラーや審判の誤審などもあって気がつけば同点になっていた。そして長男は悔しさからかマウンドで泣いている。結局最後は三振を取って延長にもつれこんで勝ったがこういうことから学ぶべきことはたくさんある、と子供に話して聞かせた。アタマに来て責任を他人に転嫁しない、とか諦めないというようなことを試合後コンコンと話した。考えてみればこういうことは全て実社会にも適用する。仕事で問題が発生してすぐ人のせいにしたり難題を途中で投げ出したり、こんなことは日々目にする。そんな大人にならないためにもスポーツを通して多くのことを学んでもらいたい。
そして泣いたり笑ったりする子供達を見ながら私自身も物事を見つめ直したいと思う。

posted by YBA at 14:59| バンクーバー ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月28日

もうひとつのスズメバチの巣

今日は休みを取ってあったので朝から畑の手入れをする予定だった。朝食後子供達を学校に送った後、庭の様子をキッチンの窓越しに見ているとやけにたくさんのハチが飛んでいるのが目に入った、と次の瞬間なんとデッキのパラソルの中にもうひとつの巣を発見!しかも完全にスズメバチの巣じゃん。これは不味いぜ。
ということで早速業者に連絡して来てもらった。もうひとつのもスズメバチの巣で中にはたくさんの卵があったというからゾッとしたがく〜(落胆した顔)。業者が除去に費やした時間は正味3分だろうか。それで費用は85ドル。良い商売だ...。

それにしても日曜日に刺されたのは結構重傷かも。両足ともパンパンに腫れていて昨日から猛烈に痒くてたまらない。そして歩くとズキンズキンと痛い。結局アシナガバチではなくてスズメバチに刺されたわけだから仕方ないのだろうけどまだまだ治るまで時間が掛かりそうだ。こんなのに子供達が刺されたら偉いこっちゃ。これから暑くなってからがハチシーズンの本格化らしいので気をつけないと。
posted by YBA at 06:40| バンクーバー ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月26日

みつばちハッチの襲撃

花が咲き、若葉が茂るビクトリアの初夏。こんなにきれいなところはない、と毎年思うわけだが嫌な季節でもある。その理由はズバリ「蜂」。2年前の夏に蜂が潜んでいたハンバーガーを口の中を入れて大変な目ふらふらに遭って以来(詳細は2006年7月の記事参照)ハチが大の苦手になっていた。
この私、今日左右の足首を同時に刺されてしまった。デッキから庭への階段をトントン、と歩いて降りているところに突然の激痛雷。両足首に太い注射針を刺されてグリグリやられているような痛みが時間の経過とともに痺れに変わって遂には膝までがジンジンと痺れて来た。参ったね。後で見てみたら階段の裏側に結構大きな巣が出来ていた。中にいるのは2~3cmくらいのアシナガバチ(だと思う。見るからに痛そうなハチ)、私が降りる振動で驚いて出て来て攻撃パンチしてきたようだ。そういえば先週も長男が同じところで二日連続で刺されていた。業者を読んで処分してもらおうかなとも思ったが150ドルくらい掛かるらしい。

しかし、そのハチ、実はその数がここ数年大激減していて果物の栽培に大きな影響が出ているということをご存知だろうか?特にブルーベリー、ストロベリー系が大打撃を受けているようだ。確かにハチさんたちが花粉を運んでくれないとダメだもんな。そう考えると巣を処分することには心が痛む。別に彼らは悪いことしてないわけだし。でもあれだけの巣がある状態で毎日庭仕事するのは度胸がいるぜ...。

どうでもいいけどこれメチャメチャ懐かしい(30代後半~40代限定)
http://www.youtube.com/watch?v=6fd9nuasMfw

posted by YBA at 11:22| バンクーバー ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月24日

コーチYの苦悩

水曜日は昼過ぎあたりから夕方の野球の練習が気になり始めてついついメニューを考えたりしてしまうメモ。先週は守備のいい練習が出来たからそれをもう一回やってまた新しいことをやってみよう、なんてことを考えて張り切って出掛けたがいやあ参ったね。なんてったって相手は5、6歳。野球なんて見たこともないし第一別に自分でやりたくてT-ballのチームに入っているわけではない。だから遊びたくて仕方ないようで皆でふざけてばかり。せっかく考えた練習メニューもパーもうやだ〜(悲しい顔)。遠くに行ってふざけている子供達のところに走って行って呼び戻す、ということの連続。まあこれはいつものことだが今週はなんだかやけに疲れた。

子供達の珍言特集
1.(来るや否や荷物を放り出して)「ねえ、公園に行って遊んでいい?
2.(キャッチボールでグローブをしない子に注意をすると)「そんなものつけてやるスポーツ好きじゃない
3.(バッティングの練習時、私がボールをティに置いてあげた後)「ボールの上にちょっと土をパラパラって乗せてみて。その方が上手に打てるから
4.(ベースを一塁、二塁、三塁にそれぞれ置いて来て、と頼んだらホームプレートのすぐ近くに3枚並べてあったので、それはちょっと違うね、と言ったら)「この方が近くていいじゃん
その他多数...

明日は試合だ。

(ちなみにティボールの試合は全員が打ってファールだろうがなんだろうが全員出塁。アウトもない。9人目のバッターが打った後攻守交代。だから勝ち負けはない。ポジションもメチャクチャ。とにかく楽しければそれでいい、ってわけ)
posted by YBA at 11:53| バンクーバー ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月19日

これ以上のものはない

去年は何かと忙しいということを理由に畑をやらなかったが今年は再び家庭菜園をやることにした。ジャングルのようになっていた裏庭の芝刈りを昨日半日掛けてやってやったあと畑を耕してトマト、ピーマン、キュウリ、イチゴの苗を植えて空いたスペースにニンジンの種も蒔いた。夕方丹念に水まきをする頃にはクタクタになっていたが晴天の下久しぶりに土いじりをしたことは快感だった。妻は花を買って来て鉢植えをしたりしてこれから素晴らしい季節の始まりでウキウキする。

このところどうにも気持ちの凹むことばかりで参っており色々なことが不満で仕方なかった。しかし太陽の光の中、楽しそうに花の手入れをする妻、そして子供達が笑いながら走り回っている姿を見て俺はこれ以上一体何を臨んでいるのだろうかと思ってしまった。こんな素晴らしいものに恵まれているんだ、ということを今更ながら改めて感じた。

posted by YBA at 13:31| バンクーバー ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月10日

人生Screw up

もう本当にやりきれない。毎日毎日憤懣やるせない思いで仕事をしているわけだが何がいけないかというと「距離」と「時差」。アメリカの親会社は東海岸にあるので時差は3時間。そして私がやり取りする人は副社長さまなので忙しくemailでのやり取りが多くなる。これが非常にイライラさせる。かと言って電話で話しても相手の様子がさっぱり分からないので会話の駆け引きが難しい。これが結局email多発に結びつくわけだが今度は返事がないと「相手にされていない」と思ってしまいただでさえアタマに来ているところに火を注がれるような気持ちになってしまう。
実際に顔を見てやりとりがしたい。最近は私の言うことをどこまで聞いてくれているか疑問になって来た。血圧が上がりっ放し、という感じでとにかくヘトヘト。
この会社に入った時にはこんな展開になると思っていなかったがこのままでは人生大狂いだ。建て直さないと...。
posted by YBA at 14:12| バンクーバー ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月08日

無限の可能性を秘める子供達

猛烈に忙しかった、というか今でも忙しい筈なのだが今週はガス欠状態あせあせ(飛び散る汗)。こうなると仕事そのものがつまらなく感じたり、自分のやっていることに自信が持てなくなったり、と良いことがない。悪い流れの時はじっと耐えて事が好転するのを待つ、というのが信条だが今回はもうそんな気力も残っていないほど疲れた...。

そんな中、今日はTee Ball野球の練習日でこれが良い気分転換になった。「はい、準備運動をするから大きな円になってえ!」というとダーッと私の周りにまとわりついて来たりして相変わらずズッコケさせてくれるがそれでも皆、コーチYの言うことも聞くようになって来たし少なくとも打ったら一塁に走る、ということとその一塁がどこかということはようやく理解したようだ。いまだに試合では打った後にピッチャーマウンドまで走る子もいるが...。
それにしてもまだ5、6歳なんだから彼らは何にでもなれる。野球の選手になる可能性だってあるわけでそういう無限の可能性を秘めている彼らにはまず野球が楽しいものだと思えるような練習を心がけている。そして無限の可能性を秘めている子供達の為にも良い社会を作っていかなくてはならないと改めて思う。彼らの可能性を引き延ばすも潰すも我々大人に掛かっているのだ。

posted by YBA at 13:48| バンクーバー ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月05日

怒られたくない

最近よく感じることだが人間やっぱり「怒られたくない爆弾」。会社の中でも「上に怒られたくない」と思いながら仕事をしている人が殆どだ。私は2月からアメリカの親会社の副社長らと直接やりとりをしているが予測が大幅に外れたりすると「社長や会長にやいのやいの言われるのが嫌」だとはっきり言う。だからレポート上は問題が大きく見えないような小細工をしたりして余計な仕事が増える。そして悪い話しがそのままの姿でなかなかTopまで伝わらない可能性もあるわけだ。この「怒られたくない」という人たちと仕事をすることほど疲れることはないバッド(下向き矢印)
私も確かに怒られたくないが悪い話しを隠したり操作しても絶対にそのうち人の知れるところになるのだから早めに明らかにした方がさっぱりする。
またこんな一週間が始まるのか。ちゅうかもう5月も半ばに差し掛かっちゃうじゃん。今年は全然休んでないからマジできついふらふら。この週末も子供達の野球から帰ってくるとソファで爆睡状態眠い(睡眠)だった。いい天気だったのになあ...。

posted by YBA at 14:33| バンクーバー ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。