2009年08月17日

トロント観光

トロントでの日曜日。ダウンタウンに行ってみました。
CNタワーは上まで登るのに一時間待ちとのことで断念。その隣にあるトロント・ブルージェイズの球場には前から来たかったので嬉しかったですが今日はゲームなし。ジェイズショップは開いていましたがマリナーズファンの私としてはそこで買い物をするわけにはいきませんでした。
いやあ、それにしても暑かったあ。ここは湿気もあるのでちょっと東京を思い出しました。家族は今度の金曜日に帰ってきます。楽しみ!

DSC00102.JPG

DSC00107.JPG
posted by YBA at 10:23| バンクーバー ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月16日

引っ越す

いや、実は先週から出張で今朝までモントリオールにいて夕方にトロントに入っています。ここから木曜日までまだまだ長丁場なわけですがホテルにいると暇なんだよね。本を読んだりしているけど、ちょっと飽きる。というわけで何と「一日2回揺れるハート」に挑戦ってわけです。

で、別にこんなことを報告しなくてもいいのですが、9月に今の狭いアパートを出て会社から5分くらいのところにある家の離れに引っ越すことにしました。一軒家を持っている人の多くはローン返済の足しにするためにベースメント(半地下室)を貸しに出します。今回見つけたのは若い夫婦の家ですがベースメントでなくもともとガレージだったところを改築してスイートにつくりかえたもの。だから窓の外はちゃんと外が見えます。で、ほんのちょっと広くてキッチンは別。これは大きいです。というかこれが決め手。アパートはキッチンとそれ以外のスペースに区切りがないから肉を焼いたりすると部屋中油だらけになってすごく嫌だったのです。この心配がなくなるのは嬉しいです。あとは部屋のつくりがいいので夕食後に勉強しやすい雰囲気を作れそう。新しい環境で頑張るぞお。
と、気合が入るのは良いですがこれは単身赴任生活強化なのでその点ではちょっと寂しいね、やっぱり。妻と子供たちと一緒に夕食を食べたいなもうやだ〜(悲しい顔)
さて、悲しんでいる場合じゃない。俺はプロとして実績を積み上げていく以外にないんです。また読書でもします。
posted by YBA at 11:14| バンクーバー ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

懐かしや、日本式呑み方

先日ちょっとワケあってカナダの「とある街」(と書いてもバレバレ?)にある日本式のバーだかクラブみたいなところに行きました。そういうものの存在は昔から知っていましたが10年いて初めて行きました。感想?最悪・・・。私は多くの人に意外だと言われますがそういうところが昔から大嫌いむかっ(怒り)で日本にいたときも上司や先輩に連れて行かれてもついてくれる女の子のことは殆ど完全無視でひたすら飲んでタバコを吸って耐えていたもんです(当時は吸ってたねえ)。
なんちゅうか酒作るかタバコに火をつけるか程度しか出来なくて話しはつまんない。そんな女がついてくれても別に何ができるってわけでもなし、そんでもって高いカネ取られて何が面白いんだろうと不思議に思っていたもんです。日本から以前のバンクーバーの会社に派遣される前に壮行会でキャバクラに連れて行ってもらって(というか連れて行かれて)非常につらい思いをして以来。
で、あれから10年以上ぶりに今回ひょんなことから日本人のおじさん(私以上のおじさん)たちに渋々着いて行ったわけですが昔と同じ気分を味わいました。最低。辛かったなあ。
同じ呑むんだったらむしろ汚なくて狭い店で男だけでホッピーでも飲みながらガヤガヤやるほうが私には合っています。それは出来ないんだよね、こっちにいると。
もうすっかりお酒は飲まない人間になってしまいましたが今でも日本のサラリーマンっぽい飲み方は懐かしいです。
posted by YBA at 10:57| バンクーバー ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月06日

薄っぺらな人間にはなりたくない

40歳を超えた途端に色んな事を考えるようになったが、この頃は「人間の厚み」について考えることが多い。「ああ、この人は薄っぺらいな」とか「この人は厚みがあるな」、そんなことを思いながら人と接する事が増えてきた。
それにはいくつかの理由があるが一番には、仕事上毎日関わり、仕事の後もジムに一緒に行ってトレーニングをする同僚が挙げられる。彼は私と同じレベルでマーケティングを統括している人間だがまだ32歳(見た目からてっきり私よりも上と思っていた)でとてつもなく優秀な男。色々な事を知っているし色々な経験をしてきているから彼が語る言葉には重みや厚みを感じる。そして人間は決して年齢なんかでは判断出来ないとつくづく思う。他にも若くて優秀な人を社内外で知っているが例外なく言えるのは「色々な経験」をしていて「語れるストーリーが豊富」ということ。
逆に私よりも歳が上の人でも物事の経験が浅く話を聞いても中身を感じさせられないという人も多い。長く生きていても勉強もせずただ惰性で生きている人が語る言葉に私は重みを感じることは出来ない。
こう考えると私自身はまだまだヒヨッコで本当に厚みのある人間になっていない。まだまだ努力を重ねなくてはいけないな、と強く思う。努力なくして成功はあり得ない、当たり前の事だけどこれが意外に簡単にアタマの中から逃げがち。しっかりとふんどしの紐を締め直さなくては!(ちなみに私はビキニ派)

DSC00067.JPG

posted by YBA at 14:25| バンクーバー ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月04日

船旅 2

普段は月曜日朝7:00のフェリーでビクトリアを出てきます。
DSC00010.JPG

ここ2週間の金曜日は家族がいないため夜9時のフェリーで戻ってきています。
夕焼けがきれいです。もっと息を呑むようなきれいな夕焼けがあるので今度写真に撮りたいです(カメラを持っている時には遭遇しない...)
DSC00029.JPG

太陽が西に沈むと月が夜空を照らします。その光が水面に輝きます。
DSC00041.JPG

こんな景色が見られるのだから船旅は悪くありません。
posted by YBA at 13:42| バンクーバー ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

船旅

今日8月3日は休日だったため夕方のフェリーでバンクーバーに戻ってきました。フェリーは今年これで60回目くらいだと思いますが天気がよくなり始めた4月頃からの船旅は毎回心地いいです。時々イルカやシャチの群れに出くわすこともあります。2週間前にビクトリアに帰った時は7頭のシャチが水面をジャンプしている姿を見ました。あれはやっぱり格別ですね。
今は季節柄、観光客が多いのですが家族連れを見るとちょっと羨ましく思ったりもします。でも毎週違った海の様子を見る事が出来るのは通勤族の特権、と考えるようにしています。私みたいに通勤している人、結構いるみたいですよ。

40分くらい経って反対行きのフェリーとすれ違う時は必ず外を見ています。
私と反対側の単身赴任をしている人が乗っていたりするのかな。
DSC00021.JPG
posted by YBA at 13:34| バンクーバー ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月03日

「なーんだ、この程度?」

以前日本で仕事をしていた時もそうだったがこちらでMBAを終えた後2年間勤めた会社、そして今の会社でもよく思うことがある。それは「なんだ、たいしたことないじゃん」ということ。廻りから高く評価されている人を見てさぞかし凄いんだろうなと思い、自分とは次元が違うところにいる、と引け目を感じていたが実際にその人の仕事を見てみると実はそんなにたいしたことがなかった、こんなことが10本の指には収まり切らないくらいあった。前の会社で予測モデルを作っていた人がいたのだがその人が辞めて仕事が私のところに廻ってきて分かったのは「そんなに難しい事をやっていたわけではない」ということ。今の会社でも先日社長が私に鬼の首を取ったように自慢して送ってきたデータ分析結果を見て「なーんだ、この程度?」とガックリ来た。思えばMBA時代も優秀と言われた学生のケーススタディなどをみて「なーんだ、この程度?」と思った事は何度もあるし、恐らく大企業の中でも同じだと思う。だから最近思うのは「自分の仕事を信じて堂々としている」ということ。そして自分が常に堂々としていられる仕事をし続ける事、そして自分を高める為の勉強は欠かしてはいけないという事。ビジネスの世界に停滞はない、停滞は後退だと思っている。前進あるのみ。
posted by YBA at 10:37| バンクーバー ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月30日

記録的な暑さ

いや、マジで。暑すぎ...。今週は月曜日から熱波が来ているためBC州は大変な暑さ。会社のあるあたりは38℃まで上がり、我が家があるビクトリアは34℃で観測史上最高を記録。アパートにはエアコンなんてもんはないし扇風機もない。窓も片側にしかないから風が通らない。冷凍庫に頭を突っ込んで冷やしています(ホントに)。この暑さはあと数日続いてその後は常識的な気温に戻るみたい。はー、あちー。
しっかし人間ってのは夏には暑い、冬には寒いとわがままですな。毎年「今年は絶対に暑い暑いと言ってだらけた格好をしない」と誓うのですがなかなか。ただ会社に行く時はきちんと長袖のシャツをパリッときめていくのがポリシーなのでそれは通しています。アパートでは上半身は勿論裸。寝る時は、まあ秘密ということで。
あっちー!!!一体何度あるんだ???というわけで冷凍庫に頭を入れに行きます。
posted by YBA at 14:40| バンクーバー ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月26日

凄いじゃん、4日連続?
今日は朝起きて菜園と花壇のスプリンクラーのセッティングを変えて、その後妻のクルマのタイヤを交換に行ったあとクルマでビーチへ。ビーチ沿いを裸で走ったら気持ちいいだろうなとずっと思っていたが平日は勿論そんな事できないし週末も家族を置いてそんなこと出来ない。というわけでずっと楽しみにしてきたビーチランニング。気分は最高。iPodを子供に貸しているので音楽なしというのが物足りなかったが潮風を受けて太陽の下を走るのは気持ちいい。途中から裸になって(上半身のみ)ダッシュしたりしてとにかく汗をかいた。その後、家からボトルに入れてきた水をがぶ飲みしてただボケーッと海を見ていたけどこういうなんでもないひと時が自分の中に新たなパワーを吹き込んでくれている気がした。
posted by YBA at 11:47| バンクーバー ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月25日

花よ

いや、どうせだったら3日連続更新してみようと思って...。
というわけで今日はビクトリアに戻ってきました。普段は5時のフェリーで帰ってくるので7時ちょっと過ぎに家に着きますが今日は仕事の後同僚とジムに行ってその後ビールを飲んでからだったので9時のフェリーでちょっと前に帰宅。11:30です。当然誰もいないわけですが何よりもまずチェックしたのは玄関の花達。今年は非常に可愛らしいハンギングバスケットを買ってそれがすごくきれいだったので家族がいない間も維持したいのです。その為にスプリンクラーをタイマーでセットして出掛けたのですが、なんと水が掛かっていた形跡がなく元気がなくなっているではあーりませんか。高さが足りなかったみたいです。激ショック。慌てて大量の水をあげたけど復活するかな。頼むっ!蘇って!!!
posted by YBA at 15:45| バンクーバー ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月24日

肉が食べたい

あ、二日連続で更新だ。もともとMBAブログとして始めたわけだけどあの頃の方がブログを更新する時間と気力があったということか...。
ところで今ジムから帰ってきたのだが猛烈に肉が食べたい。だけど冷蔵庫の中にはなくて数週間前に韓国スーパーで買ってきたカルビ用の肉が冷凍庫でカチカチに凍っている。電子レンジで解凍出来るけどすっごく時間が掛かりそうで面倒。
あー、こうなると余計に肉が食べたい。今日はすっごく疲れているのでソバを茹でて昨日家から持ってきた野菜炒めの残りと一緒に食べよう、納得いかないけど。
嗚呼、こんなとこも単身赴任、ってか。
明日は同僚と夕食に行くことになっているからでっかいステーキを喰うぞお!
posted by YBA at 11:54| バンクーバー ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月23日

家族って

今日は家族が日本に行くので昨日の晩ビクトリアに戻って今朝全員で空港に行った。妻の父が脳梗塞で倒れてから丁度2年になる。未だにコミュニケーションが取れない状態なので心配ではあるが娘と孫達の顔を見ることが良いきっかけになることを祈っている。
それにしても空港のセキュリティ前で別れるとき、まず7歳の三男が「パパがいないと寂しー」と泣き始めて次に11歳の次男、そして13歳になった長男までもが泣きだしたのには参った。更に「私もー」と言って妻までも泣き出してそんな4人に囲まれて突っ立っていながら「あー、家族っていいなあ」と改めて思った。私は笑顔で皆を見送って会社に行ってお仕事。俺も一緒に行きたかったなあ、と思うが今年の夏は多くの問題を全てうまく捌いて結果を出したいのだ。そして来年の給料をボンと上げてもらわないとっ!寂しいけど寂しがっている場合じゃないな。とーちゃんは頑張るよ!!!
約一ヶ月、週末も含めて完全単身赴任となるがそれでも週末はビクトリアに戻って野菜達の世話をしないと。
今年は全体的に絶好調。初挑戦のトウモロコシが順調に育っています。

DSC05187.JPG
posted by YBA at 13:14| バンクーバー ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月17日

おとこ一人の生活

平日単身赴任を初めて半年が過ぎたわけですが、今後もこの生活を継続する事を決定。家族には彼らの世界があるのでそれを大事にしてあげたい。特に子供達は良い友達に恵まれているし妻も本当に素晴らしい友人と楽しくやっている。それをまた1から新しいところでやり直す、というのはきついことです。
私はこの自炊&夜ひとりぼっちというのが嫌ですがどっちにしても朝から晩まで仕事に没頭しているのでむしろその点ではこの方が良いかもしれません。あんなこともこんなこともし放題だし(笑。悪い事はしてないです)。ただお金は掛かりますね、メチャメチャ。家賃ダブルは痛いよ。あとはフェリー代もバカにならない。ま、どこまで引っ張れるか分かんないけど行ってみよう。いずれビクトリアに帰りたいな、というか帰るぞ。
posted by YBA at 13:45| バンクーバー ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月16日

不景気=人が必要

で、なに?またしても一ヶ月放置?申し訳ない。アクセス解析を見ると毎日それなりの人がここを見に来て下さっているようでそういう方々にはホントに申し訳ないと思っています。

相変わらず忙しい毎日で、週末は家に帰って妻と話しをして子供達と遊んで、そして菜園の手入れに追われています。人生で今が一番濃厚な時間を過ごしているかもしれません。考えてみるとMBAなんてたいしたことなかったなあ、と思っています。そりゃそうです。実社会で厳しい経済環境の中会社を支える立場で仕事をし、成果を出さなかったらいつクビになるか分からないような状況にある方が宿題やテストで悩むよりも遥かに深刻、当たり前ですが。でも私はこういう「キンタマが縮み上がるような緊張感」が好きです(女性の方、申し訳ない!でもこの表現がベストなのよ)。こういう中にいると自分が成長しているのが分かります。
しかし最近私はつくづく思いますが「組織は人」ですね。Good to Greatという本の中に適材適所の重要性が書かれていましたがその通りです。たったひとりでも不穏分子がいれば遅かれ早かれ必ず廻りに悪影響を与えるし、会社に忠実な人間が集まっていれば問題があってもどうにか乗り切れる。こんなことを改めて感じています。
面白いもので経済状況が悪いとどこも人を切り始めますが一方でどの会社も人を捜しています。つまり不景気な時こそ「良いチーム」が必要でそのために良い人間を探す必要があるわけです。私の会社も例外ではありません。私のチームも編成を大きく変えなくてはいけなさそうで頭が痛いです。人をクビにするのは非常に嫌な仕事ですがそれはその人のためでもあるので決めたら早く手を付ける方がいいというのが私の考え。とはいっても気が思いですな。
posted by YBA at 14:51| バンクーバー ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月12日

Rookiesに思う

Rookiesは2年前に日本に帰った時に弟の部屋に転がっていたマンガで初めて知って、11巻を一気に読んだ。最高におもしろかった。それがドラマになったというのを聞いたのは数ヶ月前だがマンガがドラマやアニメになると大抵原作と大きく違ってつまらないので全く期待していなかったしそもそも見られないっちゅの!

しかしこの寂しい単身赴任に欠かせないYouTubeで検索して見まくった。はっきり言って感動しまくり。まず原作の中の登場人物と出演者がそっくりで驚いた。そして話しが極めてマンガに忠実で「マンガの中だけの感動」がなんとなく現実に近いものに思えた。なんでこの俺がああいうものに感動するんだろう。確かに小さいときから野球をやっていたのは事実だが基本的には団体スポーツは好きでなくあくまでもカラテで俺の青春は終わった。ああやってたくさんの仲間とつるんで遊んだりすることももともと好きではない。またたくさんの男の中にぽつんとひとり女がいて「なんか青春しちゃってる」みたいなのは大嫌いだ...。
でもRookiesには感動させられまくったのは何故か。

私の夢は、カラテでチャンピオンになるということだった。まさに洗脳されているとしか言いようがないハマり方で寝ても覚めてもカラテばかりだった。しかし大学に入り、それまで知らなかった遊びを覚えたりする中で自然とそちらに流れることが増え、気がつくと夢はあきらめていた、というか放置していた。これが悔しくて悔しくて酒を飲みに行って暴れたこともあるが、自分の中で封印しようとしていたのも事実。そんな自分がいるから、あのマンガ/ドラマの中のRookiesがああやって頑張っているのを見て羨ましく思ったりするのかもしれない。なんだか不思議なドラマだ。でもあれをみて感動しない奴っていんのかね?
posted by YBA at 11:59| バンクーバー ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月02日

早い

早い早い、って言ってばかりですが実際に早いんですわ、時間が経つの。
5月が終わり、6月が始まっているけど私の中では既に終わっている。
全開で燃え盛っているこの生活、ちょっと弱火にしてシッポリといきたいところですがダメですなあ。

目が回るような、というか本当に廻っているこの忙しさですがそれでもいくつか気をつけていることがあります。
まず第一は運動。しっかりと汗を流しておっさん体型を避けるべし。体型や身なりで人は判断されるからね。ボテボテできったねえシャツがズボンから出ちゃってたりするととてもじゃないけど仕事が出来るようには見えませんし、実際のところ本当に出来ないと思います。勝手な意見ですがこれは曲げられない私の持論。

あとは読書。どんなに忙しくても本は絶対に読むようにしています。ビジネス書が
多いです。今、読んでいるのはスターバックスに関するもの。直接的に今の仕事に使えることはあまりありませんが成長する企業の体質みたいなものを学ぶのはとても楽しいし、雑談に使えるネタ探しとしても重要。色んな人と色んな話しができる
ようにトレーニングをするのもビジネスマンとしては大事なこと。

しっかし、だからナンなんだろうね。脱「MBA」ブログを宣言したあと、書こうと思っていることはたくさんありますが帰宅するとなかなか気力が...。
posted by YBA at 12:51| バンクーバー ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月08日

錆びたワンツーパンチ

ジムの中で格闘技をやっている部屋がある。いわゆる総合格闘技には全く興味がないのでいつも素通りしていたが、今日はそのすぐ前にクルマを停めていたのでなんとなくボーッと眺めていた。ワンツーからタックルしに行くようなことを二人一組になって練習していたようだがワンツーがちゃんと打てていない人が殆どで「あれじゃいかんだろ」とか勝手に思ったりしていた。タックルとかは全然分からないけど打撃系はそれなりに経験もあるので自分の中の何かがポンと目覚めた感じがした。そしてアパートに戻って夕食を作っている間、ワンツーを打ってみた。愕然。自分の中で覚えているスピードや切れがまったくない。何回やってもただのおっさんパンチみたいだった。
なんだか寂しかったなあ。

(あ、スミマセン。ワンツーって右/左のパンチをワン、ツーって感じで打つことです)
posted by YBA at 14:41| バンクーバー ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月20日

SunRun

カナダに住んで10年目になりますが、今回初めてSun Runという10kmマラソンに会社でチームを作って参加。長男と次男も参加しました。カナダ最大の公共イベントでタイム計測の10kmマラソンとしても世界でも2番目の規模とかなんとかで、とにかくたいへんな人でした。5万5千人が参加。基本的にはお祭りムードでイベントそのものを楽しむというノリの人が半分以上。私は昔から走るのが好きで中距離走は得意だったので真面目に走ってみたかったのですが、子供達と一緒だったので彼らのペースを作りながらのんびり走りました。途中長男が足をくじいたり、次男が脇腹を痛めたりして休憩しながら、そしてテクテクと歩きながら廻りの雰囲気を楽しみました。そして最後の3kmは殆ど走ってゴールへ。タイムは1時間40分でしたが、子供達はよく頑張ったと思います。特に次男はまだ10歳。こういうことがこれからの自信に繋がればいいなと思いました。

それにしてもただ走るだけがこんなに楽しいとは思わなかったです。5月には再び家族でビクトリアで行われる10kmマラソンに参加することにしましたが、それ以外に私はバンクーバーで友人と10km,そして20kmをやってみようという話しになりました。私はカラテ時代の古傷である左膝が非常に脆いのでその点、心配ですがまあちょっとやってみます。


それにしても凄い人でした。スタート地点まで辿り着くのに一時間。その間、一番始めに出発したグループ(真面目なランナーたち)は皆ゴール。優勝者タイムは29分だったとか。すげー!
DSC04939.JPG

2009年04月11日

Nick Adenhart


これは大変ショックだった。この日のゲームを私はTVで観ていた。素晴らしいピッシュングをするなあ、と感心していた。こういうことが起こるとは。22歳。可哀想に。両親もこの日は球場で試合を観たいたそうだがさぞかし辛いだろう。親の気持ちを考えると、そして将来有望視されたいたプロの気持ちを考えると泣けてきてしまう。

http://www.youtube.com/watch?v=MtnkSXz_GnY&feature=channel
posted by YBA at 10:50| バンクーバー ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月07日

情報の整理

良い仕事をする為の最大の鍵は情報整理とコミュニケーションだと思っている。特に情報が多い環境では不要な情報はバシバシ捨てて重要なものだけを優先順位別にしっかりと把握することが私にとっては第一歩。これなしには仕事が始められない。そして実は今、この情報整理はちょっとサボると途端に困るということを痛感している。与えられた机が作業スペースも収納スペースが十分ではなかったので新しいのを買うように言われていた。しかしああいうオフィスの机というのはかなり高いので今年は見送ることにしてどうにか狭い机に書類を広げて対応してきた。

しかしぼちぼちそれも限界に来ており書類の山積みが始まりつつある。これは私にとっては末期症状。平べったく横に展開して探しやすく、尚かつ優先順位を入れ替えやすくするのが私のスタイルだがこの上に積まれていくのは非常にまずい。部下達からの報告事項や上司からの指示などがワケわからなくなりつつある。明日半日掛けて直さないと...。

あとは手帳の整理も重要な仕事のひとつ。情報を携帯するために、これまでPDAを使ってみたりもしたがやはり手帳がベスト。コンピューターをいちいち持ち歩かなくても例えば予算や昨年の実績などは小さく印刷して手帳に整理しておくと会議中なども非常に便利。しかし、これも時々メインテナンスしないとワケが分からなくなりがち。これも明日やろうっと。
posted by YBA at 13:50| バンクーバー ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。