2008年04月04日

楽チン バイク

バイクが増えて来て嬉しい。ここではどういうわけかYZFを多く見る。あとはCBR600RR。カッコ良いね。最近私が気になっているバイクは数知れず、だがVFRが一番欲しいかも。カッコ良いし私の好きなV型エンジンだしポジションも楽そう。主に通勤に遣うことと子供や妻を乗せることを考えるとあんまり凄すぎちゃうバイクは困るんだよねえ。
そう考えるとやっぱりゼファーは楽チンだ。

honda-vfr-800.jpg

posted by YBA at 13:45| バンクーバー ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | オートバイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月16日

息子とバイク

遂に長男にヘルメットを買ってあげた。本人は大喜びでパパも大喜び。しかしママはちょっとオカンムリ...。まだ早い、危ない、と言っていてまあ分からなくもないけどさ。最近こうやって男同士の楽しみが増えて来ているので私はとっても楽しい。

それにしてもバイクは調子悪いんだよねえ。バイク屋で見てもらっても異常なしとのことで納得がいかないけど古いバイクだから仕方ない部分もある。
ここのところ急激にCBRとかYZFと言ったレーサーレプリカ(って今でも言うのかな)に乗りたくなって来た。

2006YZF-R1.jpg pht_color_01.jpg


posted by YBA at 10:52| バンクーバー ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | オートバイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月21日

いじりたい

このところ会社を出るのが7:00過ぎになることが多いのだがガラガラの駐車場(地下)でボーソーゾクのようにバンバン吹かして音の反響を楽しんだりしている。そして道も空いているので信号ダッシュなど昔を思い出しながら馬鹿なことをして一日の疲れを吹き飛ばしている(?)わけだがそういうことをするとたまらなく愛車をイジくりまくりたくなる。セパハンとバックステップを付けてエアクリーナーとマフラーを変えて...なんてことがしたくてたまらない。もう峠に行ったりすることもない(少なくとも冬の間は)からとにかくカッコよくしたいんだよね。ノーマルのままでも十分カッコいいんだけどさ。でVictoriaじゃそういうパーツがなかなか手に入らないしお金が掛かるしねえ。それよりもこういうセンスを理解してくれる人がまずいないのが悲しいよ、俺は。

それにしても寒い。明日の朝は0℃だってさ。

posted by YBA at 14:50| バンクーバー ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | オートバイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月07日

ハンドルバー

8月の事故で曲がってしまったハンドルだが見た目ではあまり分からないものの、やはり乗ってみれば違和感バリバリ。純正品を探してくれとバイク屋の兄ちゃんに頼んでいたが1ヶ月以上掛かるとのことだったので合いそうなものを適当に探してもらうことにしていた。そしてそれが届いたというので早速今朝交換に持って行った。
夕方仕事を早めに切り上げてバイク屋に引き取りに行ったわけだが目にしたバイクを見てまず思ったのは「これ、幅が広くねえか?」で、乗ってみて思ったのは「広いだけじゃなくて高いじゃんよ」。家まで約10分だが曲がっていたハンドル以上の違和感にヒヤヒヤしながら運転。アクセルワイヤーも引っ掛かり気味でちょっと怖いしクラッチ操作も初心者並にギクシャク...。見た目はそんなに悪くないんだけどこれは買えてもらわないと困るな。というか左右1インチくらい切ってもらおうかな。
セッティングの際にお店の人も当然乗って見ているワケだが彼らは背が高くて腕も長いから違和感ないだろうけど、俺は小さくて腕も短いのよん。嗚呼こんなところも困った海外生活。
posted by YBA at 15:35| バンクーバー ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | オートバイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月25日

おかえり!ゼファー

遂にzephyrが帰ってきた!
まだハンドルが微妙に曲がったままで部品の到着を待っているところだが待ちきれなくてバイク屋に行って乗って帰ってきちゃった。丁度2ヶ月ぶり。エンジンの音、振動、オイルの匂い...、どれもこれも最高。初めてバイクを買ったときのことを鮮烈に思い出した。20年前の10月、今頃だったかもしれない。あの時もワクワクしながら上野のバイク屋に行ってちょっとギクシャクしながらも無事に家に帰ってきた後はずっといじったり眺めたりしていた。
まだ傷がたくさん残っているけど少しずつ直していってあげよう。最後の仕上げにはやっぱりショート管が欲しいなあ。でもこっちじゃちょっと手に入らないから今度日本に行ったときに買って持って帰ってこようかな。ワクワク...揺れるハート
posted by YBA at 11:02| バンクーバー ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | オートバイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月28日

やっぱりキミを捨てることなんか出来っこないさ…。

保険屋から連絡があって「全損」扱いになるとのコトで掛けていた保険金全額の$3000が下りることになった。で、廃車にしようと思っていたのだがもう一度愛車を見に行ったらやはり気が変わって修理することにした。
だってエンジンとフレームに異常はないんだもん。あれだけ酷いと思っていた外傷も今日見たらたいしたことなかったし。それなのに手放すのは可哀相じゃん。とりあえずスピードメーターハンドルだけ交換してあとは現状のまま乗る。嬉しい。またゼファーが我が家のガレージに帰ってくる! タンクの凹みや他の傷は自分でパーツを見つけて気長に直していくとしよう(保険のお金をちゃんと取っておかないと…)。
なんだか嬉しいぞお!


posted by YBA at 14:09| バンクーバー ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | オートバイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月21日

ゼファー

保険屋から連絡があったが廃車にしようかそれとも直せる所だけとりあえず直してあとは自分で少しずつ直していくかを悩んでいる。

このようにセンス良くいじっている同モデルを見てしまうと心が揺らぐ…。

これ、バイクはカリフォルニアにあるみたいだけどオーナーは日本人じゃないかって思うよ。ショート管がいいね!


Zephyr bikepics.jpg

http://www.bikepics.com/pictures/1013467/
posted by YBA at 11:37| バンクーバー ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | オートバイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月13日

廃車かよ…

バイク屋からゼファーの修理の見積もりが出来たとのことで昼休みに行ってみたが$5018ぴかぴか(新しい)と書かれている見積書を見た瞬間ガックリ来たがく〜(落胆した顔)
まあ全て元通りに直した場合なので中には我慢できるパーツもあるがガソリンタンクとフロントフォーク、スピードメーターそしてマフラーは絶対に交換しなくてはならず、これだけで$3000になってしまう。結局古いバイクでもともとパーツが少ないことに加えてこの辺(少なくとも西カナダ?)では手に入らないということが大きな原因らしい。後継モデルや似ているバイクのパーツの流用も可能だろうがいつ手に入るか分からないしチグハグな組み合わせをしてしまうと売るときに結局買い叩かれてしまうので損。
てなわけで「廃車」決定。カッコいいしとにかくとっても扱いやすいバイクだったのでこれを失うのはマジ悲しいもうやだ〜(悲しい顔)。けどバイク屋がパーツ取り用として$1000くらいで買ってくれると言っているので保険金と合わせて$4000近くになるかも揺れるハート。$3000で買ったのに儲かっちゃうじゃん!なんだかんだ言って早くも次のバイク探しを始めている自分にちょっと呆れる。
posted by YBA at 10:56| バンクーバー ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | オートバイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月11日

カタナ

快晴だけどなんとなく涼しくて夏という感じがしないことが多かったのだが今日は暑いっ!31℃もあるらしい。つい数週間前まで日中の最高気温が18℃あたりを行ったり来たりしていたこともあってとんでもなく暑く感じる。
しかしバイクを飛ばすには最高の気候!家から会社まで5kmしかなく信号も多いから飛ばせないのが不満だがほんの数百メートルの直線でパオーンッとエンジンを廻してやると愛車もご機嫌。今度の週末はハイウェイでちょっと遠くまで行ってみようかな。

愛車(ゼファー750)は非常に乗りやすいバイクなので手放したくないが次はゼファー1100が欲しいな、なんてことを考え出している。あとはやっぱり初恋バイクのCB900Fも欲しい。そしてあのカタナも欲しい。どうしてこっちでは全く見ないんだろう???受けないのかなあのスタイルは。今から20年も前にあんな前衛的なスタイルのバイクを売り出したSUZUKIって結構凄いなと今更ながら感心してしまう。
ガレージの中に色んなバイクが並んでいたら楽しいだろうなあ…。

SUZUKI カタナ1100(改造モノ)
katana.jpg
http://www.k-unicorn.com/より


CB900F ここまでカッコよく変身させるとは…。でも色はイマイチ?
cb900f-6.jpg
http://www.blackrhubarb.com

前も載せたけどこれは最高っ!(エンジンガードがちょっとカッコ悪いけど)
CB900F Cool.jpg
posted by YBA at 11:14| バンクーバー ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | オートバイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月12日

21年前のミラー

金曜日の夕方、帰宅後いつもと同じようにバイクをバックでガレージにしまってハンドルから手を離した瞬間…。やべえ!と思ったときにはもう遅かった。ゆっくりと倒れていくバイク。壁に立てかけてあった板を突き破ってガシャーンという音を立てた。なんてこったい…。なんとサイドスタンドを出していたつもりが出ていなかった。幸い板に引っかかっていたので完全にひっくり返りはしなかったがバイクを引き起こしてみるとミラーが折れている!オーマイガッ!がく〜(落胆した顔)大ショック。
土曜日はバイクの中古パーツ屋に行ってミラー探し。初めて行ったのだがああいう店があるんだね、ビクトリアにも。頑固おやじがやっているボロボロの店(というかガレージ)で店内にはあちこちに埃のかぶったパーツが積まれている。かと思えば天井からはCBR600やHayabusaの新品カウルがぶら下がっていたりと不思議な空間。怪しげだけどなんだかワクワクする店の奥に案内されて引き出しの中にゴロゴロとあるミラーの中から選ぶように言われた。「マジかよ、これ???」という感じでどれもこれも汚い。錆だらけで肝心のミラーの部分も曇っていて何も見えないものばかり。こんなもの売るなよ、と思いながらも引き出しをゴソゴソと探すと「1986 Kawasaki」と書かれているものがあった。一番汚いものだったがサイズも合いそうだったのでそれを購入。帰宅後「ピカール(私が昔から愛用している研磨剤)」を布につけてゴシゴシするとどんどんピカピカになっていって鏡の部分も新品のようにきれいになった。21年も前のパーツで何年埃を被っていたか分からないようなものでもきれいにすればまだまだ使えるわけだ。永い眠りから覚ましてあげたような気分でなんだかちょっと嬉しかった。そして装着してみるとサイズも形もピッタシ手(チョキ)。良かった、良かった。
今日は夕方ピカールを使ってエンジンをゴシゴシ。自分の顔が写るくらいピカピカぴかぴか(新しい)になったぞ。21年前のミラーを付けた13年前のバイクだとは誰も思わないくらいキレイ。はやく良い天気にならないかなあ。
posted by YBA at 04:54| バンクーバー ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | オートバイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月29日

ちょっと嬉しいバイク乗り同士の挨拶

今週末は良い天気晴れだった。朝は霜が下りるくらい寒いが太陽が登ってくると気分最高。で、昨日、今日とバイクを磨いた。ピッカピカに磨かれた愛車はとても14年前のものとは思えないくらいきれい。エンジンから異音がするのとオイルが滲んでくるのは近々対処しないといけないがそれでも程度は上等。わざわざNanaimoまで行った甲斐があった。

というわけで日中は愛車とちょっとお出かけ。Victoriaは老人の歩行者やドライバーが多く、それに加えて道路の状態がところが多いのでかっ飛ばすことができないが交通量の少ない直線やカーブではキュイーンとエンジンを回して楽しんだダッシュ(走り出すさま)。とにかく風を感じながら走るのはたまらなく気持ち良い。四輪と違ってオートバイは両手両足、そして身体のバランスを使って走るのでコントロールしている喜びは比べ物にならない、ってわけなのよん。こんな日は道路で見かけるバイクの数が増える。そして気がついたのだがこちらではバイカー同士あいさつをする風習があるようだ。以前も会社に行く途中すれ違ったバイクがこちらに向かって軽く手を上げてきたから何ナノかな、と思っていたが今日もあちこちですれ違うバイク全てが同じように手を上げてきた。なるほど、これは挨拶なんだ、と気がついたので次に自分から軽く手を上げると相手も返してくれた。これはなんだか嬉しいわーい(嬉しい顔)。ここでは日本に比べるとバイクはやはり圧倒的に少数派。ましてやいくら晴れているからといってまだまだ寒いこの季節に走っている人はそんなにいない。そんなこともあって仲間意識みたいなものが生まれてくるのだろうか。日本ではツーリングに行ったときにはすれ違うバイクにピースサイン手(チョキ)をする、という暗黙の決まりごと(?)があったがそれをもっと日常にしたものかな。さて、明日からまた一週間が始まるぞ。しっかりと頑張らなくちゃ。
posted by YBA at 08:21| バンクーバー 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | オートバイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月04日

日本と違うカナダのバイク事情

昨日は凄い雨雨台風だったが今朝は止んでいて予報も曇り曇りだったのでバイクで出勤。バスだとバス停までの歩きを入れてなんだかんだと25分くらいだがバイクだと10分ちょっとで着くので慌しい朝にちょっと余裕が出てくる。今日の気温は8℃でやけに暖かく感じたがエンジンにはまだまだ酷な気温なので暖気にはとても時間が掛かる。うるさいのでそのうち近所から文句言われそう…。

ところでカナダ(BC州)の道路交通法ではオートバイは四輪車と同じ扱いを受ける。車と車の間を縫うようにしてスイスイ走るのは違法。信号待ちでちょこっと先頭まで這い出るのも違法。歩道に乗り上げて駐車するのも違法。駐車場に入れてきちんと料金を支払わなくてはいけない。バイク料金はない。そんなわけで日本で乗っていたときとはちょっと勝手が違うのでお金も掛かる(会社の駐車場代は月に80ドル。ジムの駐車場は一時間1ドル…)があのエンジンの心地よい振動と音には自分が異次元に連れて行かれるような不思議な気持ちになる。バイクとの思い出の詰まった10代後半から20代前半までの頃に帰るような感じ。ゼファーがやって来て2週間。ようやくバイクのクセが分かってきて楽しくなってきた。早く暖かくなって欲しいなあ。
posted by YBA at 14:32| バンクーバー ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | オートバイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月26日

シビれるわ…

この姿を見ると体が痺れます。どう、痺れるでしょ?

2006 1225 ZR750 LF.JPG 2006 1225 ZR750 LR.JPG
posted by YBA at 11:32| バンクーバー ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | オートバイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月24日

おいらはゼファー750のオーナーだい!

朝7:45のバスバスに乗って一路Nanaimoへ。9:30頃着いてバス停でオーナーと初対面。とても良い感じの人だった。そしてその人の家に行っていざゼファーちゃんとの対面。ガレージの中で光輝くその姿を見て私はもう大興奮。非常に手入れの行き届いているバイクで13年前のものとは思えないくらい美しい…。エンジン音を聞いて更に興奮、シートに跨って更に興奮…、と留まるところを知らないエキサイト振りにオーナーは少々苦笑い。名義変更と保険の手配に出掛けてナンバープレートを付けて正式に私が新たなオーナーとなった。

さあ、そしてVictoriaへの帰路に着いたわけだが正直なところメチャメチャ怖かったがく〜(落胆した顔)。というのは行きのバスの中でMalahat(Victoriaから北へ30分くらいのところの山道)に雪雪が残っていたということととにかく寒いということ。暖かいジャケットを着ていったがグローブは冬仕様ではないため走り出して20分も経たないうちにどうにかなってしまうんじゃないかというくらい冷えてしまった。手から来る全身の冷えというのも相当のものでNanaimoを抜けたあたりから急に弱気になった。しかし!俺の使命はゼファーを無事にVictoriaに連れて帰ること、てなわけで安全運転をしながら前進するのみ!それにしてもとにかく寒かった雪雪雪。追い越していく車、反対車線の車たちは「真冬のバイク野郎」を見て不思議そうな顔をしていた。そりゃそうだろうな、普通あんな場所をこんな季節にバイクで走る人はいないもん。特にMalahatはマジで怖かった!路肩は明らかに凍っていて走行車線も濡れている。ということは凍っている部分があるかもしれない、なんて思うともうドキドキ。直線だったらともかくクネクネ道だし後続車もたくさんいたのであそこでコケたらちょっとヤバイ。
ま、途中で止まってエンジンの熱で手を温めてぴかぴか(新しい)約2時間掛けて無事Victoriaに到着。体も冷え切っていて精神的にもクタクタ…。今日の汚れは明日きれいにしてあげるからね。
しかし保険と税金は痛い。わかってはいたけどこれだけで900ドルの出費。バイクは3000ドル。こんなことして良いのかな、とやや不安。一生懸命働かないと…。
posted by YBA at 14:53| バンクーバー ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | オートバイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月17日

あと一週間

ゼファー750のオーナーに電話をして来週の土曜日にバイクを取りに行くことを決めた。嬉しい。Nanaimoまでバスで山道を1時間半。天気が良いことを祈る。というか道路が凍りませんように。雨はOKよ!

ZR750 2005_07_01_bikepics-384195-full.jpg

写真はwww.bikepics.com より。私が買うのもこれと同モデル色違い。
posted by YBA at 12:08| バンクーバー ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | オートバイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月23日

夢のような2時間

最後の最後に差し掛かったわけだが壮絶に忙しい。
しかし、俺は一体何をしているんだか…。今日の夜はバイクの教習。実に約10年ぶりにバイクに跨りあの振動と音を楽しんだ。日本から来た時、車の免許は問題なくBC州のライセンスに切り替えられたのだがバイクは試験を受けなくてはダメとのことだった。それ以来かれこれ7年間、「今度取ろう、今度取ろう」と思い続けていたわけだがVancouverにいた時は仕事も忙しかったし、なんといってもあの冬の雨雨を考えるとバイクに乗る気分でもなかった、ということでこれっだけ時間が経ってしまった…。(特に私の住んでいた地域は山だったので10月から5月中旬くらいまで降りっぱなしだからね。)

こちらの仕組みは呆れるほど簡単でまずは交通ルールとバイク特性に関する問題をコンピューターで受けて40問中、32問出来ればOK。ま、仕組みは簡単だけど問題は意外に難しいので舐めて掛かると痛い目にあう。お恥ずかしい話し、実際に私は1回落ちたがく〜(落胆した顔)。2回目はしっかりテキストを読んでいったので90%以上の正答率で合格手(チョキ)
で、これだけで日本で言う「仮免」がもらえちゃうのよん。誰かと一緒に走る時速60kmを超えてはいけない乗っていい時間は日の出から日没まで、という3つの制約があるがこの範囲であれば公道を走っていいわけ。実技試験なしで、だよ!がく〜(落胆した顔)
で、この制約を解除する為に第一段階の試験を受けなくてはいけないのだがこの為の講習を今晩受けた、というわけ。
もう最高だねわーい(嬉しい顔)。駐車場に作った仮設コースで2時間練習したけど昔の感覚というのはやはりしっかり覚えていて意外なくらいスムーズに乗れた。あの音と振動で学生時代(大学生時代、ね)を思い出したりしながら…。私の想い出は常にバイクと一緒だったからね。途中から雨が降り出したけどそれでも夢中になっていたので楽しくて仕方なかった。
試験は月に一回なので来月になってしまうが早くそれに受かってバイクを買いたい。
で、その後もう一段階テストがあってこれは日本で言う「路上試験」。実際に公道に出てテストを受ける。これに受かれば制約は全て解除。人を乗せるのもOKとなる。ここまでを仕事が始まる前にやりたかったんだけど日程的に無理。仕事を始めるのを遅らせてもらおうかな…。それこそとんでもない話し、かな…。

せっかく夢のような2時間だったのにこうやって今、机の周りに積まれている書類を見て「現実の世界」に引き戻されちゃったよ…。さてと、やるかな。






posted by YBA at 16:09| バンクーバー ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | オートバイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月03日

しつこいようだけどとにかく俺はバイクが欲しいんだ。

先日Vancouverに行った時、BookOffバンクーバー店ひらめき)に寄って「月刊オートバイ…全メーカー歴代全車種大特集号(みたいなもの)」を購入し毎日舐めまわすように読んでいる。私が初めて買ったゲンチャリなんかも出ていてそれはそれはもう懐かしい。仕事探しや学校のことでメチャメチャ忙しいのだが頭の中は数ヵ月後のバイク購入のことで一杯。しかしひとつ困ったことがある(と妻に相談しても「私は全然困らない」、と素っ気無い答え)。それはここで見かけるバイクの殆どはスポーツモデルかバリバリのツアラー(おっさんぽいバイク)で私の欲しいタイプが見当たらないもうやだ〜(悲しい顔)、ということ。日本で買ってこっちに輸入船しようかな、なんてことも考えているがさすがにそこまで考えると初めて「あ、そっだ、オレ無職なんだっけ、今ドコモポイント」と我に返る。

CB750.jpg → カッコいいぴかぴか(新しい)よなあ…(溜息)


ひらめき BookOffがバンクーバーにも出来た(確か去年の7月オープン)。初めて行ってきたがきれいな店内に想像以上の本の数に驚いた。そして会計が終わったあとの「お売りいただける本など御座いましたらお持ちください」という決めセリフは日本と同じで感激。しかしっ!ビジネスとしてはちょっと疑問視するMBA Student38歳であった。
posted by YBA at 07:37| バンクーバー ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | オートバイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月30日

この俺をメロメロにするものは…

毎日バイクを乗り回していたのはもう20年近くも前のことだが最近バイクが欲しくて欲しくてたまらない。信号待ち信号で隣にバイクが止まるとついついうっとり揺れるハートと眺めてしまう。ギアをニュートラルから1速に入れたときのガツン、というあの衝撃、クラッチを繋ぐあの瞬間、エンジンの音と振動、コーナリングの快感…。そんなことを考えるともうとにかくいてもたってもいられない。もうメロメロになっちゃう。欲しいものは必ず手に入れるのが私の信条なので密かに「バイク購入大作戦、青春よ再びin 2006夏リゾート」を目論んでいたのだが結局延期(断念、ではなく「延期←妻への注記)。将来、万が一カネ持ちになったら旧車と新型車と2台保有するのが夢。それが叶うならどんな会社でもいいや、というわけにもいかないか…。



2001_11_04_bikepics-12655-full.jpgCBR1000RR.jpg

posted by YBA at 10:09| バンクーバー ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | オートバイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。