2009年07月16日

不景気=人が必要

で、なに?またしても一ヶ月放置?申し訳ない。アクセス解析を見ると毎日それなりの人がここを見に来て下さっているようでそういう方々にはホントに申し訳ないと思っています。

相変わらず忙しい毎日で、週末は家に帰って妻と話しをして子供達と遊んで、そして菜園の手入れに追われています。人生で今が一番濃厚な時間を過ごしているかもしれません。考えてみるとMBAなんてたいしたことなかったなあ、と思っています。そりゃそうです。実社会で厳しい経済環境の中会社を支える立場で仕事をし、成果を出さなかったらいつクビになるか分からないような状況にある方が宿題やテストで悩むよりも遥かに深刻、当たり前ですが。でも私はこういう「キンタマが縮み上がるような緊張感」が好きです(女性の方、申し訳ない!でもこの表現がベストなのよ)。こういう中にいると自分が成長しているのが分かります。
しかし最近私はつくづく思いますが「組織は人」ですね。Good to Greatという本の中に適材適所の重要性が書かれていましたがその通りです。たったひとりでも不穏分子がいれば遅かれ早かれ必ず廻りに悪影響を与えるし、会社に忠実な人間が集まっていれば問題があってもどうにか乗り切れる。こんなことを改めて感じています。
面白いもので経済状況が悪いとどこも人を切り始めますが一方でどの会社も人を捜しています。つまり不景気な時こそ「良いチーム」が必要でそのために良い人間を探す必要があるわけです。私の会社も例外ではありません。私のチームも編成を大きく変えなくてはいけなさそうで頭が痛いです。人をクビにするのは非常に嫌な仕事ですがそれはその人のためでもあるので決めたら早く手を付ける方がいいというのが私の考え。とはいっても気が思いですな。
posted by YBA at 14:51| バンクーバー ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。