2009年05月08日

錆びたワンツーパンチ

ジムの中で格闘技をやっている部屋がある。いわゆる総合格闘技には全く興味がないのでいつも素通りしていたが、今日はそのすぐ前にクルマを停めていたのでなんとなくボーッと眺めていた。ワンツーからタックルしに行くようなことを二人一組になって練習していたようだがワンツーがちゃんと打てていない人が殆どで「あれじゃいかんだろ」とか勝手に思ったりしていた。タックルとかは全然分からないけど打撃系はそれなりに経験もあるので自分の中の何かがポンと目覚めた感じがした。そしてアパートに戻って夕食を作っている間、ワンツーを打ってみた。愕然。自分の中で覚えているスピードや切れがまったくない。何回やってもただのおっさんパンチみたいだった。
なんだか寂しかったなあ。

(あ、スミマセン。ワンツーって右/左のパンチをワン、ツーって感じで打つことです)
posted by YBA at 14:41| バンクーバー ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。